小規模事業者持続化補助金コロナ特別対応型

「舌を噛みそうだ、と思っていたけど
 これすら噛まずに言えるようになっちゃって
 まったく何なんだろうか」
と言ってママはいつものように、ぼくに写真を見せる。

変な住所。

「そうなのよ。7/14までは事務局の住所だったのに
 7/15から郵便局留めになったんだよね。
 応募する人の数が多い、ってことかしら。
 商工会議所も地域のと本部のと、って縦の組織になってるみたいで
 連携が上手く行かないからか、7/15から地域の商工会議所スルーして直接送っていいです、
 って変更になって。
 いやいや、地域の商工会議所と話を詰めてる段階だったのに
 様式3、いらないの?とかさ。
 ライブで進んでる感あるよね~」
と言うとママは自分で肩を揉み始めた。

でも封筒が出来上がったってことは、もう終わりなんでしょ?
ようやくひとつ手が離れる、ってやつでしょ?

うん、とママは頷く。

「第三回の募集に参加してるんだけど、応募要項が日々変わっちゃうんだ。
 書きあがって、もう一度見直ししたら、提出用紙のフォーマットを更新しました、
 とか出てるの。
 いやぁエンドレス。直しても直しても、根本から変わっちゃうんだもん。
 さっさと出さないと、閉め切り前にまた更新されちゃうかも。
 あとは横浜商工会議所の書類待ちなんだけど
 それも任意でいいですよ、に変わっちゃってて。
 横浜商工会議所がかわいそうじゃない、頑張って書類作ってるのに」

ふむ。色んな人が関わって、多くの人向けに動いてるから
意見を聴けば聞くほど更新されちゃうのか。

そうね、とママはまた肩を揉んでいる。

「あたしがどれだけ資料を読み込んだか、なーちゃんに見てもらおう」
と言うと、また写真をめくった。

「三部作だよ。100枚近いの。
 公募要領とコロナ特別対応型についてと事業再開枠について、だ」

赤い線や丸でグリグリ書き込みしてある。
ここまでやって、更新されちゃったの?

そう、とママは泣きまねをしたかと思ったら笑い出した。

「いい加減慣れたからね。変更点だけ拾って修正しました。
 給付じゃなくて補助だから、案外自腹分が多いんだけど
 補助が無ければできない事やるからね。
 いい勉強になった。
 他にも商店街仲間で出そうとしてる人もいるから
 様式5はさぁ、とか暗号みたいな話が通じて面白い」

硬い話に見えて、別に硬い話じゃないの、と笑っている。

なんだ。楽しそうじゃん。
大変なことと楽しい事はイコールなんだね。

そうよ!とママはガッツポーズを見せた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 何かしなきゃとか役に立ちたいとか

  2. 寝てるんじゃ、ないんだね

  3. ちょっとだけよ

  4. メリークリスマス

  5. 1次審査、通過!

  6. 経営者っぽいの

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)