小池監督もパーソン・センタード・ケア師?

「平成の終わりに、有名なマラソンの監督が亡くなったの。
 女子ランナーを育ててて
 何人もメダリストになった。
 でも彼女たちはその監督に会う前は無名の選手でした。
 さて、どういうことでしょうか」

オリンピックに出るような選手は
生まれつき足が速いんじゃないの?
ぼくは猫として生まれているので
恐らくママより足は速い。
それは生まれた時に決まっていたんだと思う。

「見てる方はそう思っちゃうよね。
 でもその監督から言わせると
 ひとりひとり違うんだから
 育て方も違う、って。
 その人に合わせた育て方をしたんだよね。
 従来のトレーニングメニューなんて
 無視して。
 その選手を中心に置いて
 俯瞰して
 どうしたいのか
 どうして欲しいのか
 本気で向き合った。
 もちろん監督として指導して。
 でも押し付けじゃない。
 ダメなことはダメと言って
 褒めるところはとことん褒める。
 そしてメダルを取るようになった。
 監督という名前でいながら
 パーソン・センタード・ケアをした人だったんだよ。
 だから私も整体師という名前で
 パーソン・センタード・ケアをしていこうと思う」

整体師がパーソン・センタード・ケア師って訳じゃなくて
パーソン・センタード・ケアをしている整体師。
パーソン・センタード・ケアをしているマラソンの監督。

じゃ、もしかして、ぼくにもできる?

ママは、できるよ、と笑っている。


猫との暮らしランキング




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動

関連記事

  1. なんだか凛々しい

  2. 三人で釣りに

  3. 準備完了?

  4. クリスマスツリー

  5. 安全な場所だと思っている

  6. パパのおつかい

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)