実験

「ようやく全体像が見えたのよね」

と言うとママは庭でガサゴソし始めた。
ジャン、と変な容器をぼくに見せる。

なにそれ。

「スリット入りのプランターだよ。
 横向きに苗を植えるとプランター壁面から
 花が咲いているようになる」


ぼくは緑アップの全体像が見えたのかと思っていたんだけど。
お家のガーデニングの話?

ママはあれこれやっているから何の話をしているかわからない。
トイレのリホームは終わって
持続化補助申請は採択待ちで
植栽帯リストは出来上がって
庭のキュウリは片付いた。

そろそろ来年の春に向けての庭づくりでしょ?

「まぁ、それも兼ねてなんだけど。
 緑アップの『地域緑化活動』の予算配分を考えてるの。
 『民有地緑化』は概ね工事費用のことで
 そこは1割自己負担になるから
 できる限り『地域緑化活動』でやらなきゃいけなくて。
 900万円の工事をしたら90万円の自己負担なんだよ。
 みんなから集金しなくちゃいけなくなっちゃう。
 河岸は会員数が少ないから、1万円ずつ集金したって足りないし。
 どこかでなんとかして、それ、作んなきゃいけないし。
 だからできる限り100%補助の『地域緑化活動』に入れたいんだよね。
 つまり、みんなでやる事には予算を出しましょう、という横浜市の方針。
 さてみんなでどこまでできるかを実験するのが私、と。」

ママはビニール袋からパンジーを取り出している。

複雑すぎてぼくにはよくわからないよ、と言うと
あたしだってわからなかったわよ
質問事項をまとめて、回答もらって、質問して
という2時間を過ごして
概要がつかめたところだ
とママは胸を張った。

さぁやるわよ、とポットから苗を外している。

おぉ。
フェンスに吊り下げるんだね。

ぼくはウキウキとウッドデッキの最前線で出来上がったプランターをまじまじと見た。
空中に浮いていて夏に見たキュウリみたい。
そう言えばキュウリがいたのと同じ場所だ。

「ハンギングバスケットって言うんだって。
 なかなかコツがいる、という事がわかった。
 やっぱり講習会をしないと上手く行かないかも。
 乾燥しやすい、ということで初めて水草を使ってみました。
 これでどれくらい防御できるか
 次の春まで実験は続く」

はい、いっちょ上がり、と言うとママは
チョーリップを植えに行ってしまった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. Go to てあて屋?

  2. 喉の不調は耳鼻咽喉科じゃないの?

  3. いざ!引っ越し!

  4. 提出したらしい

  5. ぐいぐいくる

  6. ぼくの足跡

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)