完璧を求めない

ドサドサっと置かれた資料の多さにぼくは驚いたんだけど
ママはそうでもない、と言っていた。

「全部読んだけど、丁寧に書いてあるだけだもの。
 やらなきゃいけない作業量は多いけど
 1人でやるのをあきらめる量だから
 1人でやらないって思えたし。
 これがギリギリできそうな量だと無理が起きる」

ママは両手を挙げた。

珍しい。1人でやっちゃう方なのに。

「さすがにこれは手間だもの。
 でも手分けできる手間だから、それは分担できる。
 会計は5人選出して、そこはみんなでやってもらう事にします。
 税金からの補助金って
 申請して、許可が出て、
 見積出して、許可が出て
 実績報告して、許可が出て
 入金申請して、許可が出て
 初めて入金、って流れだから
 行ったり来たりが8回くらいある。
 買ったものの写真を付けた資料作ったりしなきゃいけないし。
 という事を私が理解していて、資料を作る人の相談役になればいいかな、と。
 相談する人がいないと作業する人も大変だしね。
 完璧じゃなくても良いと思うんだ。
 修正して行けば。3年もやるんだし」

なんだかややこしい。
それを説明するのも大変だ。
あ、だから説明会があったのか。

「そう。それを聞いて来たのだから
 今度は私がみんなに説明しなきゃいけない。
 それなのに作業に入るなんておかしいし。
 他に代わってもらえない物もあるし。
 月末に取材があるんだよ。
 季刊誌横浜、ってやつの。
 ここで河岸の活動を喋らないといけないんだけど
 これは代われないじゃない。
 どこからどこまで話すかな~」

うーん、とママは唸り始め、
まぁ、ありのままでいいや、と倒れた。

ママの目標はいつだって70点。
100点を目指してないんだよね。

でも、それが丁度いいのかも。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. お花とサーモンだった

  2. だれ? その9

  3. 猫パンチ

  4. 知らないよ、そんな事

  5. とは言え、ちょっと落ち込む

  6. あれから1年

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)