季節は変わっていく

「そろそろいい季節になるから
 安心安心」

ママはベッドでゴロゴロしながらご機嫌だ。

ぼくはなにが安心なのかわからない。
ママをじっと見つめる。

「ほら、お外の子達もブルブル震えない
 季節になる、ってことよ。
 寒いのかなーって思うと、
 落ち着かないじゃない」

え?ママ、落ち着かなかったの?
ママが落ち着かないなんて
ぼくには信じられなかった。
いつでも、どん、と構えているように見えたからだ。

「やぁね。あたしだってそわそわします。
 でも気候はあたしの範疇じゃない。
 発泡スチロールでおうち作っても入らない。
 彼らには彼らのルールがあるとしても
 やきもきしますよ」

ぶー、と口を突き出してママは答えた。

しまちゃんのときには、堪えたよねー
って目を床に落とす。

「でも温かくなればさ、もしかして
 しまちゃんもどっかで持ちこたえていて
 ひょっこり現れるかな、って
 思ったりもするじゃない。
 ちょっと楽しみなのよね」

そうか。
季節が変わるって、いいね。

ぼくはママのいるベッドに飛び乗って
ママとお揃いでご機嫌な顔になった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 明るい茶色のシマシマは、風と共にさりぬ

  2. 家族写真パート3

  3. 外の世界を想う

  4. ぼくの季節感

  5. そう思えば腹も立たないのか

  6. ぼくは寝てるしかできないけど

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)