季刊誌横浜

月末の予定がギュウギュウになってきたぞ、とママが眉をしかめている。

おや。予約がもう埋まっているの?
良かったじゃないか。

「いや、お店の方ではなく」
とママは首を振って、これの取材、と写真を見せる。

なにこれ。
横浜の、雑誌?

そう、とママは目を細めた。

横浜、って雑誌かあって、4月号は元町をクローズアップするんだって。
 で、河岸も取材を受けることになって
 緑アップの話をすることになって
 インタビューを受けることになりました」
会長がやればいいのに、とママは眉間に皺を寄せたけど
直ぐに目を大きく開く。

「インタビュアーが作家さんなんだよ。
 私としては作家さんと実際に会って話ができるのは
 ありがたい。
 中々会えないからね。
 ということで引き受けました」

えへへ、と照れている。

あーあ。
月末は総会も開くのに。
その準備もあるんでしょ?

なんでも引き受け過ぎだよ、とぼくは呆れた。

「断ってる話もあるもん。
 さすがに今年はこれ以上引き受けられない。
 緑アップに関連する所とお店だけで手いっぱいだよ。
 総会用の規約と名簿はもう作れて会長の確認待ちで
 あとは緑化計画書の精査だけ、ってところまできてますー、だ。
 でも予算の精査は一人じゃ決められないから
 設計担当者と相談だし」
相談の準備をしてるところだ、とママは胸を張る。

準備8割がママのモットーだと、ぼくは知っている。
断ってる話が出てくるくらい、今やっている事の準備は大変なんだな。

あーあ。何屋なの?
仕事しなよ。

してるわよ!
けっこうそっちも頑張ってます!

と言うとママはぼくの顔をワシャワシャした。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 隗より始めよ

  2. 緊急事態宣言?

  3. しらまゆ

  4. どちらも可

  5. ジャックの残り香

  6. ジャックの反抗期

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)