始まりの道

「行ってきたよ、下前商店」

パパとママが話してる。

「旦那さん、元気?だって」


パパとママが出会った場所では
もちろんパパの事を知っている人も多い。
パパの方が長くいた場所だしね。

ママのお店のある河岸では
パパの事を知っている人は少なかった。
同じ元町でもずいぶん違う。

「変わってないようでいて
 ずいぶん変わってた。
 調理場の入り口、シャッター降りてて
 あそこからもう出入りしてないみたいよ」

へぇ、ってパパは眉を上げる。


ぼくが落ちていたこの道で
パパはよく作業をしていた。
タケノコの皮をむいていたり
梅干しを干していたり。

そこにママが自転車で帰って来たり。


でももう、そんな日常は無くなってた。
またひとつ、知り合いの顔がここから消える。

それでもこの道は
ぼくとパパとママの、始まりの道だ。

いつかぼくも見に行きたいな。
2人と一緒に。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ママの好きな唐揚げ

  2. 隠れたって見つかるんだよね

  3. 背景だけでも

  4. 取り残される二人

  5. 夏の感じ方

  6. マメは潰れて

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)