太り過ぎて転んだ

ママも驚いてたけど
ぼくも驚いた。

布団の上はふにゃふにゃしてて
歩きやすくはないんだけど
それはいつもの事だし
ぼくはバランス感覚が良いので
気にしていなかった。

何を?
転ぶことを。

ヨロッとなってドスンと倒れた。
最初は何が起ったのがわからなかった。
すぐに動けなかった。

ママは、脳梗塞?ってぼくを助け起こしたけど
そう言う事じゃなくて
ぼくは自分の身体のバランスが取れないくらい太ってたんだ。


ショック。
猫なのに。

「まぁ、ちょっと体重落とそう。
 1ヶ月100gずつ。
そうしないと階段下りられなくなる」

そうだね。
流石にそうしよう、と思ったのは
その夜、ベッドの隙間に落ちた時だった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 風が吹けば歌が流れる

  2. ご機嫌パパ

  3. 寒くても晴れていれば

  4. 免疫力が勝負

  5. 見えないところで

  6. トイレの仕方、教えます

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)