大難を小難に

ママは自治会の班長の仕事、
敬老の祝品を配り歩いて
台風大丈夫でしたか、怖かったね、
と歩いて回り、帰ってきた。

「祝品がお米なんて配る側の大変さがわかってない!って
 思ってたけど、200gくらいで
 しかも真空になってて
 さらには台風の後で
 防災について考える時期だったから
 非常用にしようって思った人も多かったみたい。
 うちも用意しておかなきゃ」

ママはうむうむ、と頷いている。

「自然災害は止められないけど
 事前準備はできるだけやっておこうと思う。
 お隣も次の雨に備えて窓の枠応急処置したんだよ。
 修理業者が忙しくて、ちゃんとした修理に来れるのは
 三ヶ月後なんだって。
 壊れたら直せばいいって言うより
 壊れないように補強しておく方が大事みたい。
 修理屋さんだっていっぺんにできないもんね」

ねぇ、ぼくの準備はどうすればいい?
ぼくはママを見上げる。

「まずはお爪を切ってお風呂に入って置く事かしら。
 被災したらそれどころじゃなくなるからね」

えー!
カリカリとチャオチュールの貯えじゃないの??


猫との暮らしランキング




院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動

関連記事

  1. ねこだらけ

  2. ぼくは臆病で

  3. だれ?その2

  4. タコだらけ

  5. 今年もやってる

  6. 拉致ぐらいしないとね

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)