大根ではない

ふんふん
くんくん

ぼくの匂いのぼくのベッド。

「違います。
 ママのベッドです」

そうなの?

「そこはすっかりなーちゃんの場所だから
 そうとも言うけど」

ママは肩をすくめる。

あ!
と言ってママはぼくの脚を見た。

「だ、だいこん!」

ちがうもん!
ぼくは鼻に皺を寄せた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. エアコンが壊れたり

  2. ぴかーっと晴れないものかね

  3. よくやく春の兆し

  4. 見上げられても

  5. 予報ははずれて 予感は当たった

  6. 小雪も過ぎて

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)