大根ではない

ふんふん
くんくん

ぼくの匂いのぼくのベッド。

「違います。
 ママのベッドです」

そうなの?

「そこはすっかりなーちゃんの場所だから
 そうとも言うけど」

ママは肩をすくめる。

あ!
と言ってママはぼくの脚を見た。

「だ、だいこん!」

ちがうもん!
ぼくは鼻に皺を寄せた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 発端は、ぼくのおしっこ

  2. すべてを助けるなんてできない、とママは言った

  3. 北海道はでっかいどう

  4. めおとぶんたん

  5. ぼくは寝てるしかできないけど

  6. あっちむいてホイからの

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)