大丈夫だよ、ってパパは言う

「そんなに落ち込むなよ、なーちゃん」

パパがぼくの頭を撫でる。

だって。
ママ、ぜんぜん堪えてないんだもん。

ぼくは恨めし気にパパを見上げた。

「なーちゃんはまだまだだなぁ。
 オレなんて、どんだけ捨てられちゃったと思ってるの?
 まだキャットタワーは無事でしょ?」

パパは目を丸くする。

でもそれは、ほんとに要らないものでしょ?

「だから。
 ママちゃんはホントに要るものは取っておいてくれる、って。
 もしくは新しくてさらに良いものに変えてくるから。
 そんなに心配しなくて大丈夫だって」

でもなーちゃんの動揺もオレにはわかるから
そして機嫌の直り方もオレにはわかるから
と言って、冷蔵庫を開けている。

ぼくはまだぐずぐずうずくまる。

ぼく、キャットタワー使うのに。

ん。
ん?

パパがお皿に盛っている
あの、赤いやつ。

あれは
もしや。

「じゃじゃーん。
 マグロだよ~」

えー!
ほんと?!

ぼくは急いで飛び起きた。

きゃぁきゃぁ

うん。
いいかも。
新しくて良いものに変わるなら
それもありかも。
うんうん。

パパは、あはは、と笑って
それでいいんじゃない?
予算の都合もあるから、そう簡単には変えないよ
ってぼくの頭を撫でた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくが奪ってしまった彼らの運命

  2. ぼくはママを整体師だと思ってた

  3. ミミちゃんに譲る

  4. 花咲かちび子、ふたたび

  5. けっこう仲良し

  6. 動揺、狼狽、

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)