多少は怒っていた

「え?
 二人とも心配してた、って?」

ママはストレッチを止めてぼくを見る。

うん。
嫌われてないか心配してたよ。
それに反省もしてた。

ぼくはジャックとトラさんが言っていたことを
ママに伝える。

仲良くできればいいのにね。
ね、ってママもうなずく。

「嫌ってはいないけど
 怒っています。
 気を付けます、って言いながら
 何度もやるから。
 だって6時前よ。
 いい加減、隣のおばぁちゃんに保健所呼ばれちゃうわよ。
 あたしが仕事行ってる間に起きたら、止められないじゃない」

はぁ、とママはため息を漏らす。

ぼくはね、あの二人、けっこうすばしっこいと思うんだ。
だから、大丈夫だよ。

「あらあら。
 なーちゃんに励まされちゃったわ。
 あんたもずいぶん、でん、と構えるようになったわね」

ママは、ふ、っと鼻から息を漏らす。
まぁ、頼もしいか、って。

そうなの?
ぼく、頼もしいの?
ってぼくも鼻から息を漏らした。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 冬の色と冬の心

  2. ぼくとしまちゃんの違い

  3. どっちが産んだのかは問題ではない

  4. パパとばぁちゃんの夏休み

  5. ドアストッパーなのか

  6. 三人で釣りに

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)