外も中も関係なく

しまちゃんが走り去った後、
ぼくとパパとママはしばらくキョトンとして
し、しまちゃん、かわいい~
ってすっかりファンになった。

「ミミちゃんもしまちゃんも、
 ちゃんと挨拶していくのね~。
 お外で暮らしてる分、社会人経験が多い、って感じよね」

ママは感心しきりだった。

「でもお外にいるからって、大人ってわけじゃないよ。
 ゴロツキみたいなのもいるし」

パパは顔を振る。

「そういう中で生きていくって大変じゃない。
 なーちゃんはすっかり箱入り息子だし」

え?
ぼく?

「そうだよ~
 お外に出たら、喧嘩もしなきゃ生きていけない。
 なーちゃんはパパにしか唸ったことないもんね」

そうだよ、なーちゃん
オレにだけ、ひどい。

パパは悲しそうな顔をする。

「ミミちゃんは人に慣れてるから
 どこに行っても可愛がられるだろうけど
 しまちゃんは人が苦手みたいだね。
 今は暑いから外でも、まぁ、大丈夫かな」

お店の外のひまわりもこんなだし
ってママはスマホを見せる。

わぁ。みんな咲いてる。

「もうちょっと慣れてきたら
 冬はお家に入る?って聞いてみようか。
 それにしても最近なんか色んなのが寄ってきて。
 なんなんだろ」

さらにママはスマホを見せる。

「スズメなんだよ。
 外でパン食べてたら
 ちょっとちょうだい、ってやって来てさ」

「なんだか知らない間に大家族だ。
 あたし、一人も産んでないのに。
 でもいいよね、それも」

ママは、に、っと笑う。

パパは、あぁ~、たいへんたいへん、って喜んでる。

ぼくも、そうか、みんな家族か
って思ったら、なんか、楽しくなった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. だれ? その8

  2. 一緒に暮らすための確認事項

  3. 春はすぐそこまで来ている

  4. 強風はろー

  5. でも元気でした

  6. だれ? その6

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)