夏本番

「さぁ、本気で夏がやってきたので
 夏らしくしようじゃないか」

ママがウキウキと何かを持ってやってきた。

ジャン、とぼくが寝ている横に置く。
もう、しょうがないなぁ、と相手してあげることにした。

なにこれ。

「提灯お化けよ。
 夏らしいでしょ?」

ぼくにはいったいどこが夏らしいのか
まるでわからない。

ほれ、とママはぼくに提灯お化けを寄せて来た。

チリンと小さな鈴の音がする。

いらないよ、どうすればいいのさ。

「転がして遊ぶと面白いのでは?」

ママがちょいちょいと手を伸ばす。

そうなの?

提灯お化けはぼくの視界から消えてなくなった。


猫との暮らしランキング




8月1日OPEN!オンライン整体・ショップ三本指靴下のご提案(オンラインショップ)院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動

関連記事

  1. 全部がぼくの部屋

  2. 何も言わないけれど

  3. 身体に染みついた警戒心

  4. 結局間に合わず

  5. 予報ははずれて 予感は当たった

  6. 強がり

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)