夏が来たと思ったら、ばぁちゃんが来た

夏が来た
と思ったら
ばぁちゃんが来た。

「何もできませんが、お世話になります」
とばぁちゃんは頭を下げた。

ぼくは、いえいえ、としっぽを振った。
パパは、いえいえ、と腕を振るった。

パパは板前さんで、ご飯を作るのがうまいらしい。
時々釣ってきた魚をさばいて、ぼくにくれる。

ぜんぜん食欲がでなくて
と言っていたばぁちゃんは
パパが作ったご飯に満遍なく手を伸ばし
結局完食した。
そして、なんだが恥ずかしそうにしていた。

食べられない、って言いながら全部食べちゃって、ごめんなさい
って真っ赤な顔をしている。

食べられるうちは、食べれば?
そのうちホントに食べられなくなっちゃうんだから
とママは笑っている。

パパも、今度は釣ってきた魚をさばこう、やっぱり釣りたては美味しいですよ
と笑っている。

ばぁちゃんは病気だと聞いていたけど
なんだか三人とも楽しそうで
ぼくは嬉しかった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 土の匂いと春のママ

  2. よくやく春の兆し

  3. わざわざ行くんだね

  4. 段ボールが捨てられない

  5. 生きて来方が違っても

  6. PC作業はさせない

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)