変化が著しい

「なに暗いところでしょんぼりしてるのよ」

ママが帰宅して、ぼくの事を探して
2階にやってきた。

しょんぼりなんてしてないもん。
けっこうキリっとしてるもん。

そう?
とママはぼくを覗き込む。

「ごめんね。毎年夏休みお留守番させて」

困ったような顔をして瞳をきょろっと動かす。

うううん。

ぼくは顔を横に振った。

大丈夫だよ。
それよりテスト、頑張ってね。

ははは
とママは空笑いして
「夏がじわじわ来てるよね~」
ってスマホを見せる。

「見てよ。ひまわりってこうやって咲くのね。
 知っているようで、知らなかった。
 やってみるもんね」

朝顔たちも、と言ってスッと指を横に動かす。

知ってる?庭のトマトもだよ。

「さっき見た。この時期はあっちこっち
 変化が著しいよね。
 あたしもなーちゃんも特に変化ないけど」

いや、ママは白髪が増えたでしょ。

なにー!

と言って、しばらく取っ組み合いは続いた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 社交的とは

  2. ママの悲鳴が聞こえた

  3. けむくじゃら蔵って呼んでもらえて

  4. また夏がやってくる

  5. 予報ははずれて 予感は当たった

  6. 何かしなきゃとか役に立ちたいとか

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)