土の匂いと春のママ

どぉだろ。
ぼくもかな。
ちょっとキレイにするか。

せっせ。

「あら。身づくろいして。
 どこかお出かけ?」

ママがニヤニヤしている。

うううん。
昨日ママが土臭かったから
ぼくも臭いかな、と思って。

「えー、なにそれ。
 土臭かった?
 まぁ、身に覚えはあるけど。
 やぁね、そのまま仕事してたわ」

ママは、ぎょー、と肩をすくめる。

まぁ、ぼく、鼻良いからね。
他の人にはわからなかったかもよ。
で、またやってきたの?

ぼくの毛づくろいが終わると、ママはブランケットをかけてくれる。

「今日、植え替えだからね。
 前日までに土の準備しておかないと
 作業がいつまでたっても終わらないのよ。
 もう夏の準備なんだから」
ってママは、わおーん、と天井に向かって叫ぶ。

おぁ。やる気の時のママだ。

「こんなだったやつを、」

「こうしたのだよ」

ぼさぼさだった荒れ地がきれいに耕されている。
ふかふかしてそうで、ぼくはそこでゴロゴロしてみたくなった。

「だめよ。だめだめ。
 ぜったいおしっこするでしょ。
 花が死んじゃうから入れてあげない」

ママはぷぃっと横を向く。

さてと、これから苗が届くから、早く出るわよ
じゃぁね
と言ってママはウキウキ出かけて行った。

今日は定休日なのに、よくやるね。
ぼくはママを整体師だと思っていたけど
花壇部長になっていたらしい。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくはもう落っこちない

  2. 痒くない?

  3. ぼくの意見

  4. そして、気を失った

  5. ママのジーンズ

  6. こたつの線は、噛んじゃだめらしい

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)