土の匂いと太陽の日差しと

「どうですか?新しいおうちは」

パパがぼくのお尻を撫でる。

先日、パパとママでせっせと組み立てた
ウッドデッキにパパはぼくを連れ出した。
「お天気も良いし、なーちゃんが気に入ってくれるといいな、と思って」

ぼくはお尻を触られるのが嫌いなんだけど
初めて触るウッドデッキにびくびくして
それどころじゃなかった。

土の匂いと温かい日差しを感じ、少しだけ顔をあげる。
外と中の境。

ここは、怖くない場所?
ってパパを見上げた。

「ここは、うち。まだ慣れないと思うけど、大丈夫。
 オレも色々職場が変わったから
 なーちゃんの気持ちはわかるよ。
 見知らぬ場所って落ち着かないよね」

ぼくとパパは庭を見渡す。

「なーちゃんは、一人じゃないからね。
 オレも新しい職場に行くたび、心細かったけど
 帰ったらなーちゃんとママちゃんが居たから
 頑張れたんだよ。
 ほら、そこに植えた木だって、今は寂しそうだけど
 その内元気に葉っぱ伸ばして、
 いっぱい実をつけて、にぎやかになる。
 だから、なーちゃんも、大丈夫大丈夫」

ぼくは、太陽のお陰か
土の匂いのお陰か
パパが撫でる手の温度のせいか
なんだかポカポカしてきて
ゆっくり目を閉じた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ふたりばなし

  2. 大物を忘れるぼくたち

  3. イクメンパパ

  4. スーパーマンなのかウルトラマンなのか

  5. 大人だし

  6. 俺さまの場所だから

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)