北の街ではもう

寒い寒いと言っているけれど、暖かい日もでてきた。

ぼんやりしてても時間は過ぎていくって、ほんとだな、と思うよ。

ぼくは寝ているだけで季節の移り変わりが分かる。
敏感だからね。

欠伸が出るもん。
あ、いつもか。


がおー

北の街ではもう、流氷が見えたって。
春の訪れだよね。

何かしてもしなくても、同じ時間。

北の街ではもう、悲しみを暖炉で燃やし始めてるらしい、って。
ママが歌ってた。

季節の進みに合わせると、背中を押してくれるものになるのかも。

季節は進むのに、自分は止まってるって、なんだもんね。


あぁ、もう夕日が落ちちゃう。

さて、ぼくは。
夕飯の催促の準備をしよう。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 一生懸命やっていることがやりたいこととは限らない

  2. 貯えてあった定額給付金

  3. 冬遊び

  4. 脱皮に1ヶ月

  5. どか雪

  6. ひなたぼっこをしていただけ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)