勇者の協力

「取り合えず、で動かすには重たすぎる物を
 山ほど貰って後悔したんだけど
 男の人の力はすごいもんだな、と改めて思いました」

とママはしみじみ言った。

ママが思う重たい物と言えば、あれだな。
表の商店街から貰ったプランターだ。
それは鋳物でできている。
中身も入って多分100kg。
平らなとこをでは引きずれても
持ち上げることはできない。

いつも部屋の模様替えで
タンスやベッドを動かすママでも
さすがに1人で移動はできないやつ。

応援を頼んだの?

「そう。ものすごい応援を」
と言うと、ママはニッと笑って写真を見せた。

おぉ~
すごい。
運べてる。

「そうなの。道場の先生。
 Tシャツの上からでも筋力がわかるよね。
 前回は貯水タンクが6個用意できるバージョンで
 並べてみたんだけど、結局1個しか置けないことになったから
 プランターも集めて置かなきゃいけなくて。
 二度手間を指せてしまった」

これ一回目、と写真をめくる。

ひっくり返して置いてある。
空のプランターをそのまま置いておくと
ゴミを入れられちゃうからだ。

これ二回目、とさらに写真をめくる。

「息子も連れて来てくれて。
 もう6年生にもなると、充分男手だった。
 ずっと河岸のイベントとか手伝いに出て来てくれる子なんだよ。
 早くも5年の付き合いになる」

ママはまたしみじみと言った。

ママが応援をお願いするメンバーは
ずいぶん広い。
1人に集中しないようにするための作戦か。

「みんなの通りだからね。
 ちょっとづつ関わると自分の通りになると思うんだ。
 なるべく簡潔に作業内容を決めないといけないんだけど。
 2度手間をさせないように気を付けなくちゃ」

さーて、まだまだ
準備の準備の準備の段階だ、
ここからどうするかなぁ、
と相変わらず布団に倒れこんだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. レシピだけではわからない

  2. クリスマスツリー

  3. 外から中を見てみる

  4. 取り残される二人

  5. 前倒していく

  6. 匙加減が難しい

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)