前倒していく

「2次は余裕を持って出せそうだぞ」
うしし、とママは笑っている。

ここ最近帰りが遅かったけど
丁度パパのお休みと重なって
パパの釣ってきた魚料理が夕飯に並んでた。

ぼくもお刺身が食べられてご機嫌だったけど。

「締切は12/1だけど2日前に資料が完成しました。
 1次の時とは大違いだ」
うしし、とママは笑っている。

あぁ。あれか。
緑アップ。

「そうなの。
 やっとここまで来ました。
 あとは野となれ山となれ、だ」
と言ってママは布団に倒れこむ。

でもぼくは知ってるんだけど。
それを出してからプレゼンの台本作りが始まる。
まだ2週間はわちゃわちゃするんでしょ?

「ぶぶー。
 その前に小説書くんだもん。
 その締め切りは12/10だからね。
 そっちやってからだな。
 パパちんの代休もずれたし」
おほほほほほほ、とママは笑っている。

あぁ、そうだった。
パパは自分の代休にママを合わさせようとしてたけど
会社の都合でその日は早まって
さすがにそんな近々はお店閉めれないわねー、なんて
ママは言ってガッツポーズしてた。

釣りも年末になってくると釣れないから
休みが早まって良かった、なんてパパもガッツポーズしてた。

一緒に休みたいんだか休みたくないんだかぼくはわからないけど
2人は、それはそれで、って感じだった。

まぁぼくもそうだけど。

後回しにするよりはサクッと無くして
前倒せるものは前倒して。

と、言う訳で
ぼくもパトロール時間を早めて
余裕を持って寝ることにしよう。

夜は寒いからね。お布団から出たくないしね。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 明け方の月

  2. ぼくのマークも

  3. ステージが1つ上がったみたい

  4. 一粒万倍日と天赦日に

  5. 病院に行ってきた

  6. ついに電気が灯った

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)