処世術

こんにちは~
こんにちは~
網戸空いてますよ~
ミミ、入っちゃいますよ~ ♪

「あらミミちゃん、おはよう。
 あなたは朝が早いのね。
 まだ階段の上掃除中で、ご飯出してないんだけど」

ママがキッチンから顔を出す。

ぼくも網戸が開けっ放しなのは知ってたけど
外に出ようとは思わなかった。
で、ミミちゃんが入ってきた。

なーちゃん、ママさん、おはようございまーす ♪
もうちょっと入っても良いですか~?

ミミちゃんは躊躇なく、キャットタワーに降りて来た。

「あらあら。しまちゃんとは違って
 ずいぶん警戒心が無いわね。
 ミミちゃん、全然怖くないの?」

ミミちゃん、カリカリとクチャクチャご飯、どっちがいい?
ってママは聞いた。

全然怖くないです~
この辺は皆さん優しいんですよ~
ミミ、あちこちでお邪魔してるんです~
あ、ママさんできればクチャクチャご飯で~
さっき、向こうのお家でカリカリ頂いたんで~

ミミちゃんは、ニッコリとママに笑いかける。

「なるほどね。
 ミミちゃんは人に慣れてるもんね。
 怖がられると人の方も構えちゃうし。
 なかなか良い生き方をしてますな。
 あっちこっちでご飯くれてるなら、あたしも安心だし。
 ミミちゃん、愛嬌あるからね。
 しまちゃんは結構どんくさいから心配だけど」

あはは、ってママはミミちゃんの頭をなでる。

ママさん、ありがと~
ミミは頑張って生きてますよ~ ♪

ってミミちゃんもママの手のひらに鼻をつける。

なんか、女同士の話、みたいで。

ぼくは、失礼しました、と丸くなった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ママの作戦

  2. ついに今週末か

  3. 俺は鶴じゃねーけど

  4. 無情にも周りは変わっていくもので

  5. 本人がそう言うのなら

  6. ママの帰国

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)