冬の色と冬の心

しまちゃんの来なくなった庭は
すっかり色を無くした。
全身で、寂しいね、って言っているみたい。

曇りの日が続いているから
余計にそう感じるのかもしれない。

ママはよく
「寂しいとは思うけど
 悲しくはないのよ」
って言う。

ぼくはこの二つを同じ意味かと思っていたけど
その違いがちょっとづつ、わかってきた。
しまちゃんが来なくなって、寂しいなって思うよ。
でも悲しくはない。

「しまちゃんは、自己憐憫がまったくなかったじゃない。
 かわいそうな自分、って全く思ってなかった。
 そんなしまちゃんを憐れむなんて
 こっちの思い上がりだから」

ママはしまちゃんと同じ目をして
キリっと前を向く。

そうだね。
ぼろぼろだったしまちゃんに
勇気づけられてる。

かっこいいな。

ぼくもきりっとした顔をしてみた。

冬は物悲しい空気になるけど
受け取る側の気持ちで変わる。
この乾いた冷たい風も
芯を硬く鍛えてくれている気がした。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. どんなに年を取ったって

  2. がんばれ、トラさん

  3. 痒くない?

  4. ぼくとパパではしょうもない

  5. そして、気を失った

  6. 何か、とはなにか

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)