内臓にお休みを

「今ねぇ、朝とお昼、食べてないの」

ママはおもむろにパパとぼくに言った。

え?ダメだよママちゃん、死んじゃうよ
パパはおどおどとコタツ布団を掴む。

「死ななかった。逆に調子が良い」

ママは、えい、と胸を張った。
そういえば、ほっそりしたような気がする。

「クリスマス前から一月中頃までって
 とにかく食べるじゃない。
 美味しいものもあるし
 その時しか食べないものもあるし
 食べづかれしてたのよね。
 そしてあたしの内臓は
 仕事が多すぎる!って言って
 ストライキ起こして
 排出業務をしなくなった。
 つまりは便秘よ。
 なので冬休みをあげたの。
 10日くらい。
 そしたら、また元気に働きます、って」

うそだ!とパパは叫ぶ。
うそじゃないもん、とママは首を振る。

「そんなことしたら、オレ、倒れちゃう」
「やってみてから言いなよ。倒れないから」

パパのお腹は大きく出ている。
ママはつんつんと突っついた。

「そこには脂肪がいるじゃん。
 脂肪って贅肉とか無駄な物とかじゃなくて
 エネルギー源なんだよ。エネルギーが必要なところに寄って来るの。
 エネルギーが必要なところって
 過剰労働になってるところだから。
 パパちんは小腸と大腸を働かせすぎなんだな。
 一食の量が多い方じゃないけど
 ちょこちょこ常に何かを食べている。
 つまり内臓は小さな仕事を永遠にしてて
 休みはいつですか?って思ってる。
 ブラック企業ならぬブラック人間だ」

そういえばパパは今の職場になって
お休みが増えて
お休みの日はゴロゴロテレビを見てて
朝ごはんを食べ終わると
テレビを見ながらカラムーチョとか
チョコレートとか食べて
お昼ご飯を食べて
午後のロードショー観て
その間柿の種とかおせんべいとか
食べている。
量は多くない。でもずっと食べてる。

「なーちゃんなんて、調子悪い時は
 自主的に食べないもんね。
 おかげでこの十年病院も行かないし
 お薬も飲まない。
 健康とは引き算なんじゃないかな。
 多くの人は調子が悪くなると
 栄養取らなきゃ
 サプリ飲まなきゃ
 お薬飲まなきゃ
 健康茶飲まなきゃって
 足し算になって、さらに悪くしてる気がする。
 パパちんなんて、ゴルフしても一向に痩せないし。
 内臓を休ませてあげたら
 結果として痩せるんだね。
 去年は七月終わりににやってたんだ。
 半年に一回、十日間くらいやると、良い感じ」

パパは、えー!食べないなんて、ヤダヤダ
と耳をふさいだ。

ぼくはとっくの昔からやってるけど
ママは今気が付いたのか。
遅いねぇ。

ぼくは、ふふ、っと笑った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ジャックからの相談

  2. 蚊に刺されたし

  3. ぼくの変化は経験からだった

  4. うろちょろとはひでぇ言い草だ

  5. ぼくとばぁちゃんの内緒話

  6. 見方を変えたらどぉってことなかった

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)