元気ならいいらしい

「またまたまたまた」
「ほんとだって。
 引っ張った時に、ぷつぷつぷつぷつって
 縫い目がほどける感じがしたんだよ」

パパはママの訴えを真に受けない。

「だって動いてるじゃん」
「そうだけど」

ママは昨日のジャックの事を話している。

そりゃぼくも見てたし驚いたけど
さすがに縫いぐるみだったかと言われると
よくわからない。
って言うか、違うと思う。

「だってジャックはお外の子なんだから。
 草むらに突進して
 なんかの種が付いたんじゃないの?」
珍しくパパの方がまともなことを言っている。
ぼくは可笑しくなった。

テレビには年末に録画しておいたHeroが映し出されている。
ねぇ、見ないの?ってぼくは二人に聞いた。

見る見る
と二人は画面に顔を戻す。

「大丈夫だよ。ジャックは元気だったもん。
 糸がほつれても、またどこかで縫ってもらってくるから」

ほら、とパパがスマホを見せる。
そこにはキャットミントを食べるジャックが映っていた。

元気なら、ぬいぐるみでもなんでもいいんだけどね
とママも大人しくなる。

ぼくは、そうなの?とママを見上げた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 冬が来るから

  2. お留守番

  3. 変らない物と変わる物

  4. 頭隠して尻

  5. 孤独とは

  6. ぼくはクーラーの中で

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)