働き方改革

「どんなときにもメリットはあるもんだね」

ママがぼくに声をかけているのはわかったけど
ぼくはキャットボックスから出る気はない。
最近のお気に入りなの。
パパに邪魔されないし。

ママは気にせず話し続けた。

「昨日花壇の手入れしにお店に行ってたの。
 おかげて商店街の人たちに会えたんだけど
 みんなちょっと仕事の仕方変えようって思ってた。
 午前中はバイトして午後だけ開けようかな、とか。
 家に居たいな、とか。
 自粛解除になってもコロナ前とは変わるかも」

そうなの?
元に戻ろうとはしないの?
お店の人は元に戻ろうと懸命になるのかと思ってた。

「みんなもう受け入れてたよ。
 今まで通りの営業はできないんだ、って。
 消毒置いたり距離を取ったり、っていう変化は
 当たり前なんだけど
 生き方を考え出した、って感じかな。
 かくいう私も週6日営業じゃなくて
 週3~4日の営業でいいかも、と思っている」

そうなの?
ママは、うん、と頷いてぼくを見ている。

「確実に収入は減ったけど
 支出も減ったんだよね。
 こうして家に居るようになって
 なーちゃんと一緒に居れる時間も増えて
 楽しいし」

ぼくはちょこっと手を出した。
ぼくもだよ、という合図。

「あたしもパパちんも世の中の動きとはズレてるな、って
 思っていたけど
 逆に世の中が合ってきた気がする。
 これで良かったんだな、って改めて思っちゃったよ」

ふむ。
ぼくもパパとママの今まで通りが、
結構良いんじゃないかと思っていた。
なんて言うと、またまた、いまさら、とか言われるから
黙ってるけどね。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 秘儀!通り抜けの術!

  2. それが俺よ

  3. ぼくがおじいちゃんになったら

  4. 春なのに

  5. 行き倒れ

  6. ぱぱんがパン屋さん

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)