何度でも何度でも

トラさんと普通に話ができて
ホッとしているんだけど
また話ができない時も来るのかなって思うと
寂しい気もする。

「いいじゃない。マダラでも。
 ボーっとしてるトラさんもトラさんだし
 話ができるトラさんもトラさんだし。
 どっちもトラさんなんだから」

ママはテーブルの下を覗き込んで
ぼくの様子を見ている。

そうだけど。
忘れられちゃうのは寂しいじゃない。
ぼくは口を尖らせた。

「それはなーちゃんの気持ちの問題であって
 トラさんには関係ないのよ。
 嫌いで忘れているんじゃないんだから。
 ボーっとしてたら、初めまして、って言えばいいじゃない。
 何度でも出会えるって面白いよ」

ふむ。
一理ある。

ぼくはやってみようと思う。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 落ちた先は人間の手のひらだった

  2. 年末調整だ

  3. 健康の道

  4. それでももう春

  5. 毎朝の風景

  6. だれ?その11

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)