何が可笑しいのかわからない

ちょいちょい
ちょいちょい

これはママのヘアクリップだという事は知っている。
10年前にパパとママが夢の国に行って
ママはネズミの耳を頭につけて帰ってきた。

ぼくはそれをコタツテーブルから落とす。

「何やってるのさ」

ママはまたテーブルに戻す。

ちょいちょい
ちょいちょい

ママはまた戻す。

「まったく、なんで落とすのさ」

ぎゃははは、とコタツに突っ伏している。
ママ、それ、バカ笑いって言うんでしょ。

ぼくはママをじろりとにらんだ。
何が可笑しいのかわからない。

ママは
ひー
もうだめ
なんでー
とお腹を抱えてまたヘアクリップを戻す。

ちょいちょい
ちょいちょい

ぽとり

ママの爆笑は止まらなかった。

何が可笑しいのかわからない。
ぼくとママは永遠にこの攻防を繰り返した。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 見えないところでやるのが良いんだよ

  2. 大根ではない

  3. お茶会

  4. 見本その1 パパ

  5. 何も言わないけれど

  6. 明るい茶色のシマシマは、風と共にさりぬ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)