何か、とはなにか

洗濯物を干し終わったママに声をかける。

ねぇ、いいお天気だよ。
ちょっと、ちーちゃんのところに行きたいんだけど。

「あら。
 珍しいわね。
 昨日ちび子が、わーわー、うるさかったから?」

ママは笑いながらぼくを抱える。

まぁ、そういうわけじゃないけど。
寝てないで何かしなさい、とか言われても
よくわかんないんだよね。
興味のあるフリ、とか
できないし。

「フリしたって時間の無駄よ。
 だったら寝てた方がいいかも」

カラカラと、窓を開けてウッドデッキに座る。

「なーちゃんとちーちゃんを
 お腹に乗っけて昼寝したかったな~」

あはは、とママは笑う。

それはママの、何か?

「なによ、それ。何か、って。
 抽象的過ぎてよくわからない。
 お天気がいいから、ちーちゃんに会いに行こう
 って言うのがなーちゃんの、何か?
 2人を乗っけてお昼寝したいのがママの、何か?
 なんじゃそりゃ」

うーん、何か、とはなにか。
なにかなにか。

「あほねぇ」

ママは欠伸をして、
そのまま横になった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 土の匂いと太陽の日差しと

  2. ぼく、孝行息子?

  3. 匙加減が難しい

  4. 小さなこと

  5. キャットミント

  6. ぼくの変身

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)