会議らしい会議

夜の会議は嫌い、と言って
ママは自分が招集する会議は夕方にしている。

そんな我儘が通るものなの?

「我儘じゃないもん。
 みんなの予定確認してからやってるもん。
 もちろん出られない人もいるけど
 出席が必要な人だけこれれば良いと思うんだよね。
 今回は会計の清算だし。
 5人いれば承認にもなる。
 夜にやる会議はダラダラ伸びるんだよ。
 後ろに予定がある会議は
 必要なことがサッサと終わるから」

と言ったママは確かに早く帰ってきている。

これまではお店を閉めてからやることが多かったけど
もうその必要はない、と思ったみたい。

メンバーの都合を確認すれば
時間は営業時間中でもいいのか。

「会議中に『どうしましょうか』って問題定義するんじゃなくて
 『こうしたいと思うんだけど、いいですか?』って確認するようにすれば
 会議で何が進んだのかもわかるけど
 これまでの会議は、いったい何のために集まったのかわからない
 何が決まったのかもわからない、みたいな会議だったんだよ。
 だから誰も、予定を開けてまで来なくなったんだと思う。
 今ね、みんなの興味が緑アップに向いてきたんだ。
 だから参加してくる感じも変わったんだよね」

うしし、とママは笑っている。

ふうん。
自分の事として感じるようになったのかもね。
これまでは「誰かが何かしてる」って感じだった。
その「誰か」はママだけど。

 
猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ここは誰の縄張りなのか

  2. 柔軟とは

  3. 魔女の宅急便

  4. ようやくぼくも夏休み

  5. やられるがまま

  6. 何かしなきゃとか役に立ちたいとか

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)