仕返しではなく、ぼくなりの話し合い

「さぁ、準備は良いか」
ママがぼくを覗き込む。

うん。ぼく、やってみるよ。

階段からパパの足音がする。
今日こそ直談判する。
もう、尻尾を掴まないで欲しいということ。
ぼくは戦うぞ、という意思を見せること。

ドアが開いた。

パパが近寄ってくる。

「なーちゃん、居たー」
ニコニコしながらパパはぼくの尻尾を触ろうとする。

パパ、それ、もう止めて欲しい。
ぼくはキリっとパパを見上げる。

え?なんで?
とパパは止まった。
「いいじゃん、オレは触りたい」
パパは手を伸ばす。

止めろ!
ぼくは猛然と立ち向かった。

パパの手を抑える。

両手で捕まえて噛みついた。

「わ!なーちゃんなにするの、止めて」
パパは驚いている。

ぼくも何度も、止めて、って言った。
それでもパパはしたんだよ、こういう風に。

わぁ、痛い痛い、止めて
とパパは騒いでいる。

「はい、終了。
 パパちんもやられて
 なーちゃんの気持ちがわかりました?
 なーちゃんも、やり過ぎはダメ。
 相手が本気で怒り出さなきゃ止めないってのは
 子供と同じだよ。
 二人はこれからも一緒に暮らしていくんでしょ?
 お互い気遣いながら、やって行こうよ」

ママは仲裁に入った。
パパは、オレはこんなに強く尻尾にぎらないもん
って不服そうだったけど
今日はもうそれ以上尻尾に触れなかった。
ぼくもちょっと自分の意見を押し通した感じがして
まだドキドキしてるけど
やって良かったな、って思った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. また雨で

  2. なんだったのか

  3. あいかわらずなボクら

  4. 陽射しは変わってきた

  5. 台風はぼやきを連れてくる

  6. エアコンが壊れたり

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)