予報ははずれて 予感は当たった

キッチンでパパは食器を洗っている。
ママはこたつで、うとうとしている。

ねぇ、パパ。お仕事探しに行かなくていいの?

「だって、せっかく直ぐに失業保険が下りたんだし」
パパはへへへ、と恥ずかしそうに笑う。

ママは
「ほおって置くと一日中テレビ見てるからね。
 せめてあたしの休みの時くらい、お外に連れ出さなくっちゃ」
って言って、先ずは引越し先の近所を知ろう!って散歩に出かける。
ということで、ママは毎日出ずっぱりだった。
だから夕飯を食べ終わると、うとうと、が始まる。

去年の2月は二人で出雲に行ってたよね。
なかなか2月は休めないから、って。

「へへへ。今年は大幅に休んでいます」

ザー、と水道から水が流れる音がする。

きっ、っとノブを上げると、パパは換気扇の下の椅子に座った。

「こんなに早く辞めることになるとは思わなかったんだけど
 ママは思ってたみたいだね」

ぼくはパパの足元にしゃがむ。

うん。
続く続かない、じゃなくて
危ない、ってよく言ってた。

「ママちゃんは感が鋭い」
よかったよかった、ってパパは笑っている。

こたつでママが、うー、あー、って唸っている。
ちょうどママがつけっぱなしにしてたDVDから歌が流れてくる。

 ~予報ははずれて、予感は当たった
  低い雲から 雪がちぎれた
  Wonderful不確かであれ
  &Beautiful不自由であれ
  ここでいいって君が笑ってくれたら~ 

大変なことって、確かにこの二人に起きてるみたいなんだけど
あまり実感することはなくて
それはどうしてだろうって思うけど
きっといつも笑っているからかな
ってぼくは思った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ママの提案

  2. ママの悲鳴が聞こえた

  3. くじらっきー

  4. 強がり

  5. 真剣白羽取れなかった

  6. 大人だし

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)