久しぶり、シタちゃん

窓の外に黒い影が映る。

ミミちゃんかな?

ママも気が付いて、窓をカラカラと開けた。

あれ?
真っ黒。

ミミちゃんじゃなかった。

あ!
シタちゃん!

相変わらずシタちゃんは舌が出ている。
そのせいなのか、いつも何もしゃべらない。

驚いて逃げ出すこともなく
シタちゃんはママとぼくをじっと見ていた。

「どうぞ。
 食べなよ。
 久しぶりじゃない」

ママは困ったような顔をして、ほほ笑む。
しまちゃんかな、ってちょっと思っちゃって。
いやいや、色が全然違う事はわかっているんだけど。
シタちゃんでがっかりした、とか
そういう事じゃないんだけど
って謝っている。

ぼくもちょっとその気持ち、わかる。
ごめんね、シタちゃん。

シタちゃんは舌を出したままの顔で
ぼくらを見上げていた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 安全な場所だと思っている

  2. 濡れ衣を被る気でいる

  3. ぼくの返事

  4. 孤独とは

  5. パパのおつかい

  6. どか雪

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)