久々のお風呂で腰の硬さに気が付かれる

「実験も兼ねて、久しぶりにお風呂にします」
と言われたのは
ぼくがご飯を食べに起きた時だった。


しまった、と思いながらも
口は止まらない。

ぼくが逃げ出さないことをいいことに
ママはサッとぼくを持ち上げて
お風呂場に連れて行き
シャワーをかけた。

もー
終ってからの毛づくろいが
面倒なのにー

軽くタオルで拭かれて
ポイっと窓辺に出される。

暑い中やるの疲れるし
と思ってソファに移動して
しぶしぶ毛づくろいを始める。

イタタタ。
腰が痛くて丸まれない。

もういいや。

ぼくは道半ばで諦めて寝る準備に入った。

「やっぱり。
 抜け毛が多すぎると思ったのよ。
 なーちゃん、毛づくろい昔ほどやらなくなったよね。
 お腹の下の方も
 腰が丸められなくて届かないし。
 元気に見えてもお爺ちゃん化は進んでるなぁ。
 それならそれで
 補助しなくちゃね」
と言うとママはポチっと何かを買っていた。

なんだよもう。
確かに毛づくろいは減った。
後で飲み込んだ毛を吐くのも大変だから。

そうか。
ぼくも色々大変なことが増えて
止めたことも増えたんだ
なんて、改めて気が付いた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 今度は建築局?

  2. 次の手の準備

  3. 自分では見えないところ?

  4. 諸行無常に対抗する平常心

  5. 一雨ごとに

  6. 春なのに

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)