不法投棄は撲滅できるのか

「緑を片付けれてだいぶゴミが減ったけど
 捨てる人は気にせず捨てるのよね」

はぁあ、とママが首を振っている。

ママのボヤキはいつもの事だ。
しょうがなくぼくも席に着いて話を聞いいてあげる体制に入る。

寝る前のひと仕事。
これをやってあげないと、ママは寝ないからね。
それで?

「車で来て、点々と粗大ごみを落としている人がいるみたい。
 敷布団とかテレビとか電気ポットとか。
 河岸の植栽帯はゴミを放置するのにちょうどいいと
 記憶されてるんだよ。
 以前はそうだったかもしれないけど
 今は違う。
 アップデートさせなきゃ、と思ってさ」

と言うと、いつもの如くぼくに写真を見せる。

目玉?
気持ち悪いね。

「防犯カメラは無くても、通りのみんなは見てますよ
 という意味なんだけど。
 捨てた人はしばらく通らないで逃げると思うから
 2番目の人の防止になれば、と思って。
 ゴミはゴミを呼ぶからさ」

ママは眉をしかめる。

これでどれくらい効果があるか、ぼくにはわからないけど。
悪い人が気にしてくれると良いけど。
としか言えないけど、何もしないよりはまず一歩か。

ママのボヤキはエンドレス。
ぼくもエンドレスで付き合うけどね。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 対策をして進む

  2. 後は設計図次第

  3. 大丈夫だよ、ってパパは言う

  4. ウェディングの準備

  5. スーパーマンなのかウルトラマンなのか

  6. ぴかぴかつるつるで

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)