レシピだけではわからない

「ねぇ、これ、あってるの?」

「レシピではこうなってたんだけど」

「塩が足りないんじゃない?」

「入れてないもの。レシピに書いてなかったの」

2人は鍋を前にして、うんうん唸っている。

今日は洋風鍋だ!と言って、ママが作った夕飯に
2人で首を傾げている。

「食べたことないものを作ってるからね。
 コンソメを使わず、鶏ガラ顆粒だけでどうなるのかと思ったけど
 なんかピンとこない。
 なんでこれが人気のレシピなんだろう」

やっぱり味見して、自分で決めなきゃダメだな、
とママが言うと
俺なんて色でわかるけどね、とパパが応える。

お、珍しくプロらしいこと言ってる。

感覚ってレシピに書くの難しいんだろうね。

パパの説明通りに作るなんてできないよ、
ふわっとなったら、とか
ジンジンってなったら、とか
よくわかんない
とママは口を尖らせてた。

ぼくが思うにはね、やっぱり1度、本物を知ってくることじゃないかな。

そこから自分で研究していく。

きっとパパが言ってるのはそういう事だ。
パパは本を読んで料理を覚えたことはないらしい。
全部、見て、感じて、学んできた。

大変だっただろうね。

「やっぱり食べたことある物を再現する方向にしよう。
 となると、私は母の味なんだけど」
とママが言うと
賛成!俺、お義母さんの味、スキ!
とパパは応えた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ちょっと憧れる

  2. 模様替え

  3. ママ、出すってよ

  4. 誰のためでもない

  5. 家に居るって良いよね

  6. ミミちゃんの横取り

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)