ユスラウメはみんなのおやつ

「今年も豊作だ」と言って
ママがサクランボを咥えて庭から戻ってきた。


あぁ。そう言えば、今年もよく咲いてた。
花が散った後、実ができて
それが赤く染まっている。

パパも1つ咥えて、うん、美味しい、って言ってる。


ぼくは要らないよ。種だけ出すとかできないから。

「鳥なんて種ごと食べて
 遠くでウンチにして蒔いてるけどね。
 なーちゃんは便秘になるから止めときましょう」
ママはモグモグしながら言う。

そうだ。鳥界で話題になってる。
あそこに行くとおやつがあるよ、って。

冬の間はミカンやリンゴを
ママが括りつけていたけれど
今では本物の実が付いた。

それは空を飛ぶ鳥から見えるようにか
赤く光っている。

みんな食べられちゃうんだよね。

でもパパとママは
みんなのおやつだからどうぞ、って笑ってる。

先に摘み取るとかしない。

なんのために育てているのかと思うこともあるけど
鳥が遊びにやって来るのは
ぼくにとっても楽しい事だった。

そのため?
って聞くと、
そうよ、って
2人で笑ってた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 気温の変化と空気の巡り

  2. 他動か自動か

  3. 縄張りを争う音

  4. 寝て治す

  5. がんばれ、トラさん

  6. キュウリが夏を連れてくる

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)