ミミちゃんも喜んだ

ママさん
ママさん
おかえりなさ~い ♪
おはようございます
ミミでぇーす ♪

ミミちゃんが窓を叩く。

「あら、ミミちゃん久しぶり。
 元気だった?」

ママも嬉しそうに窓を開ける。

もー
パパさんたら酷いから~
ご飯出しておいてくれないんですよ~
なーちゃんは貰ってたみたいだけど~
ミミのことなんか忘れてるみたいで~

ミミちゃんはママが出したクチャクチャご飯に
口を付ける。

もー
パパさん酷いの~

と、ママに文句を垂れる。

「ミミちゃんはおよそでも貰えてるんでしょ?」

ママは食事中のミミちゃんの頭を突っついた。

それとこれとは別です~
気持ちの問題です~

ミミは出されていれば、食べるんです~

ぷぃと横を向きながらも
一心不乱に食べている。

「まぁ、4月上旬はどこのお家でも忙しいからね。
 出てないこともあるか。
 ごめんね、ミミちゃん。
 たらふくお食べ」

ママはほほ笑んでミミちゃんの傍にしゃがんだ。

ぼくも一緒に傍にしゃがむ。

ミミちゃんを囲んで、穏やかな朝の時間が流れた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. バタフライエフェクト

  2. 真剣白羽取れなかった

  3. 本棚の上から

  4. いつの間にか実ってた

  5. 風が強い

  6. そしてぼくはママを見上げた

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)