ミミちゃんの訪問

こんにちは~
こんにちは~
ミミでーす ♪

おかえり~、とママを出迎えているところだった。
ミミちゃんも一緒にやってきた。

「今、坂の途中で会ったのよ」

ってママはミミちゃんに、
どうぞー
あがってー
と言った。

ママは自転車で通勤しているんだけど
帰り道は上り坂なので
押して歩かなきゃならない。
そこでバッタリ、ミミちゃんと会ったらしい。

ミミ、玄関からお邪魔するの、初めてです~♪
面白い~
キンコーン、なんちゃって~
あら?このシートは?

ミミちゃんは玄関に張り付けられた
ぼくのおしっこシートを見つけた。

いや、その、あの
とぼくはしどろもどろになる。

「なーちゃんがねー
 いっつも夜中にそこでするのよ。
 困ってるの。ミミちゃんからも言ってやって」
ママはニヤリと口を持ち上げる。

あら。なーちゃんたら。
おトイレ、あるんでしょ?
あたしだって土の上ではするけど
こんな硬い石の上ですることはないなぁ
だって身体についちゃうじゃない

ぼくは、ドキンとした。
う、うん。そうなんだけど
習慣というか、あの

ミミちゃんは薄ら笑いを浮かべる。
ふぅーん
ママさんに甘えちゃって。
ほんとはトイレでできるのに
そういうことするんだぁ
へぇ~

ぼくはモジモジと床を踏みしめる。
甘えているわけじゃ、ないんだけど

ミミちゃんはクスリと笑うと
ママさーん、玄関になーちゃんのバリアが張ってあるので
あたし、お庭から伺いま~す
カリカリ、おねがいしまーす

とママに告げて、玄関から消えた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. パパのリクエスト

  2. ぼくは寝てるしかできないけど

  3. ママは徹夜で

  4. 身体に染みついた警戒心

  5. ママはぼくとパパを置いて

  6. ぼくの相談

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)