ミミちゃんの行動範囲

「今朝ね、出勤するときミミちゃんに会ったのよ。
 あの子はあっちでもこっちでも
 仲良くやってて偉いんだよなぁ」

ママがスマホを取り出して、ぼくに見せる。

ぼくは外の世界を知らないけど
そこは二階の窓から見える場所だ、ってことはわかった。
うちから少し坂を下りた所だ。

「電信柱の陰に居てさ。
 声かけたら、ママさんいってらっしゃーい、って。
 かわいい奴だ」

うぅーん、とママは身体を揺らす。

誰かを待っていたのかな。
ぼくはぼくの知らない誰かを待つミミちゃんに
少し焼きもちを焼く。
自分から会いに行く人がいるって、いいな。

「この先のお宅の家族に可愛がられてるの。
 ミミちゃんはあっちこっちでアイドルだからね。
 なーちゃんはあたしとパパちんのアイドルだから」

ママがぼくの顔をぶちゅっと両手で挟んだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 片付けの手伝い方

  2. カーテンの影ならばれるまい

  3. また夏が来るって

  4. 整体師が神頼みなんて

  5. ママは徹夜で

  6. 見本その2 ママ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)