ミミちゃんに譲る

しまちゃん、いいの?食べちゃうよ。

うん。

小さな会話が窓の外から聞こえる。

しまちゃんはウッドデッキで丸くなり、目を閉じていた。
ミミちゃんはチラチラ振り返りながら
ご飯を食べている。

ぼくも窓からそっと近寄る。
外には出ない距離で。

ミミちゃんと目が合うけど
お互い何も言葉を発しない。

風が庭の木々を揺らし、音をたてた。
息が詰まるような、とまではいかないけど
何もできない歯がゆさは
ばぁちゃんが死ぬ前の日々と似ている。

静かな時が流れる。

風が治まると、しまちゃんの
控えめな寝息だけが聞こえた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくは臆病で

  2. それにしても次から次へと

  3. 大丈夫だよ、ってパパは言う

  4. ぼくを毛むくじゃら蔵と呼んだ金魚

  5. 冬の色と冬の心

  6. 警戒心があるのかないのか

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)