ママは徹夜で

ぼくがひっそりとママの布団に入っていると
しばらくして、パパが上がってきた。

「ちーちゃん見てるから、ママちゃん今日はコタツで寝るって。
 なーちゃんも弟ができて嬉しい?」

パパがぼくの頭を撫でる。
弟か妹か、それすらよくわかんないんだけど
弟ってことにしようか、うんうん。
と、パパはご機嫌だ。

ぼくは、小さくため息をついた。
ママは上がってこないらしい。
いつもはぼくと一緒に寝るのに。
ぼくは、小さく毛布を踏みしめる。

パパのいびきが大きくなったころ、
そっと布団を抜け出して階段を下りた。
リビングは小さな電気がついていて
みーみー
とか細い声が聞こえる。

「はいはい、ミルクですか」

ママは立ち上がり、また哺乳瓶を熱湯消毒し、
人肌のミルクを作っている。

ママ

小さく声をかけると
あれ、なーちゃん、起きたの?
とママはほほ笑んだ。

「いやはや、おしっこもうんちも自分でできないって大変ね。
 なーちゃんはこの辺クリアしてからうちに来たからなぁ。
 ごめんね、ちょっとしばらく手が離せないけど
 なーちゃんのことが嫌いで、構えないんじゃないから。
 待っててよ、この子の目が開くまで」

ぼくはいつまで待てばいいのか、途方に暮れた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくは、ここに居る

  2. 負けを認める

  3. 強風はろー

  4. 野菜の見張り番

  5. そんな年頃だし

  6. 作戦成功 その2

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)