ママの職場に行ってみる

社会科見学だ、と言ってママはぼくをバックに入れた。
このバックに入るのは2回目だ。
そう、引っ越しの時。
ママは、
ぎえぇ重くなってる、
と言って肩に食い込むストラップを少し持ち上げた。

ぼくはもう、バックの中で方向転換するのも一苦労だった。

久しぶりの外。

自転車はやめとくか、と言ってママは徒歩でお店まで行った。

外の世界はあまり興味がなかったけど
ファスナーを開けてバックから出ると、また部屋だった。

「じゃん。ママの職場です。
 あんた、二回目なのよ。
 前の家で煙もくもくやった時、来たじゃない」

ぼくがママに拾われたとき
ぼくはノミだらけで
ママは部屋を害虫駆除しなくちゃいけなくなった。
その時の避難先がここだった。

でもぼくの記憶は虚ろで
まるで初めて来たところみたいに感じる。

つまりは、落ち着かない。

うろうろした挙句、恨めしそうにママを見上げた。

ママは、やっぱりだめか、と苦笑いして
またぼくをバックに入れて、家に戻った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ただ傍にいるだけで

  2. 春が来ている実感

  3. ぼくを拾ってからの1ヶ月の間にママが決めたこと

  4. 整体師が神頼みなんて

  5. ぼく、孝行息子?

  6. 温故知新

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)