ママの椅子に座る

ぼくはパパから隠れるために
ママの仕事机の下によくいるんだけど
隠れているとバレているため
あっさりと見つかって椅子に上げられた。

毛布まで掛けられて。

これじゃ隠れてた意味がないよ。
ぼくの努力はなんなのさ。

なんて思っていたけど
時間が経つと、悪くないな、と思った。

コタツよりよかったりして。

ママの制止のお陰で
ぼくを椅子に乗せた後
パパもしつこく絡んでこなくて
落ち着く場所になった。

ここ、ぼくの場所にしようかな。

「春になったらそうすれば?
 どうぞ。使ってよ」
ってママも賛成してくれて
春を待つのが楽しみになる。

でもまだ寒い内はコタツだな。

ひとりで家に居るときは誰も毛布かけてくれないし。

冬と春の間で揺れ動く猫心。

わかるかなぁ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. だれ? その5

  2. ぼくはもう落っこちない

  3. 常に緩んでいる

  4. 厄は除けれれば満点

  5. 魔女の宅急便

  6. お茶会

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)