ママの帰宅

ん?
んん?

自転車が止まる音がした気がする。

ママ?

ママが居ない4日目の夜。

結局昨日の夜、パパはママに電話をかけて
迎えに行きましょうか?
って言ったんだけど
ママは
断る!
って拒否した。

パパは、くすん、って肩を落としたけど
それでも、オレ、謝る事してないし、
浮気とかそういうんじゃないし、
って反省の色を見せなかった。

直接的な悪い事はしてないけど
感謝の気持ちがないことが
いけなかったんじゃないのかな。

ママは、いいかげんにしろ、って腹を立てた。
でもママも、見返りが欲しくてやってきたわけじゃない
っていう葛藤もある。

ぼくはもうママは帰ってこないのかな
って思ってたけど
今、ママの自転車の音がした。

ばん
と、玄関の戸が開き
ソファで屍の様になっていたパパが飛び上がる。

「ねぇ、ちょっと!
 あたし何もしないで良かったの??
 居るだけで良かったの??」

部屋に入るなりママはパパに問いかけた。

「言ったじゃん、最初に」

パパは口を突き出してふてくされている。

ごめんね、ママちゃん
帰ってきてくれて、嬉しい

そんなことは微塵も出さない。

「そりゃ、言ってたけど」

だからってホントだとは思わないじゃない!
ってママは仁王立ちになっている。

「じゃぁ、もう朝起きないからね!
 遅い仕事もしてくるからね!
 掃除も洗濯も自分でするのよ!
 いいのね!」

「・・・いいよ」

パパは
そんなことしてもらいたくて一緒になったんじゃない
って一生懸命、目で訴える。

ママは、
そんなこと、と言われることをあたしは一生懸命してたのか
って三角の目をして訴える。

じゃぁいいわよ。
やりたい時だけやってあげる。
やりたくないときは、やらない!
ばーか
ばーか
なーちゃん、行こ!

って言いながら、階段を上がっていった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. また夏が来るって

  2. かわぎしテラス

  3. 頭かお尻かわからない

  4. 生きるって

  5. ぼくは、ひっそり日向ぼっこ

  6. 孤独とは

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)