ママのジーンズ

パパも居るし、電話で声も聴けるけど
やっぱり違うんだよね。
物が無くなったとかじゃないんだけど
殺風景って感じ。
ママが居ると、がさがさごそごそ
きゃははとか
音もするけど
パパとぼくはジッと黙って動かないから
すごく静か。

脱ぎ捨ててあったママのジーンズに乗っかる。

くんくん。

パパも自分の布団で寝ないで
ママの布団で寝たりしてる。

パパは何も言わないけど
ぼくもその気持ちわかるよ、って
一緒に布団で丸くなる。

「こんにちは!ちび子です!
 私はママさんと一緒に大阪の商店街を闊歩してます!
 大安売り商店街ですよ!
 楽しい!」

「観光名所にも連れて行ってもらって!
 ほら!
 大阪城!
 ママさんとツーショット!
 なんだかパパさんにもなーちゃんさんにも
 悪いくらいです!
 でも!
 楽しい!」

「あぁ!あなたは!
 豊臣秀吉!
 初めまして!ちび子です!
 なんて外の世界は面白いんでしょう!
 家でジッとしてるなんて、もったいないですね!
 え?
 ママさん?さあ明日は本来の目的地にいざ出陣?
 ただの旅行ではなかったんですか?
 え?え?
 皆さんと分かれてどこへ?」

「少彦名神社!」

「ここに来ることが目的だったんですね!
 え?
 薬の神様で、知恵の神様?」

「境内なのに、ずらりと薬が陳列されて!
 え?
 日本中の製薬会社は少彦名命の知恵を借りている?
 まぁ!
 すごい神様なのですね!
 病で苦しむ人を助けるために!
 え?
 ママさんが欲しかったもの?」

「健康快眠のお守り!
 そうでしたそうでした!
 今年はママさんのお店に、眠れなくて困っている人が
 沢山来ていましたね!
 そうですか、そういうわけですか!
 パパさん!なーちゃんさん!
 ママさんはすごい物を持って帰りますよ!!」

ん?
なんだ?
パパが動いたぞ?
スマホを耳に当てて。

荷物がいっぱいだから駅まで迎えに来て~
って声が聞こえる。

「なーちゃん、ママを迎えに行ってくるからね」

って蔓延の笑みでパパはぼくに振り返った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 多種多様

  2. ぼくのためのベーカリー

  3. 食物繊維とかそういうわけじゃなくて

  4. お留守番

  5. どんなに年を取ったって

  6. ご機嫌斜めのジャック

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)