ママとぼくの作戦会議

「さてさて。どうするかな」
ママは腕を組んで、うーん、と言っている。
いつもの深夜のお茶会。
今日はぼくも椅子に座った。

「ばぁちゃんに、会いたい人とかいないの?って聞いたのよ。
 そしたらさ」

ママは口をぎゅうと結んでぼくを見た。

「別にいないな~」

「でも母に会いたいと思っている人はいるでしょ」

「会いたいなら会ってあげてもいいけどー。
 話したいこともなにも無いし。
 もう体力ないから疲れるのよ。
 一通りの挨拶は、入院した時に済ませたと思ってるんだけど」

「あたしもそう思うけど。
 そう思わない人もいるじゃん?」

「うーん。
 こっちから呼んで来てもらっても意味がないのよ。
 でも動けなくなってから来ても遅いの。
 話ができなくなってから来ても遅いの。
 死んでから来ても遅いのよ」

ばぁちゃんは、あはは、と笑って言ったらしい。
ぼくはちょっと切なくなった。
死んでから来ても遅い。
ママはぼくの耳をつまんで軽く引っ張る。

「まぁ、ばぁちゃんの言いたいことはわかる。
 呼び出してまで伝えたいことはない、って。
 聞く気もない人に言うことはない、ってさ。
 でもばぁちゃんの話を
 聞いておかなきゃいけない人もいると
 あたしは思うよ。
 でも、あたしが、
 聞いてやって!
 とか
 言ってやって!
 とか言うのもおかしいの。
 
 それぞれ事情も都合も
 気持ちの整理もあるだろうし。

 あんまり突っ込むとまた
 あんたは生意気だ
 って始まるからな。

 でもそんなこと言ってる間に
 ばぁちゃん死んじゃうからね。

 様子見ながら、やってみるか」

でもさ、ママ、
またお店に行けなくなるんじゃない?

ぼくも協力するよ。
どうすればいい?

「お。さすがうちの子。
 じゃ、必要最低限で声かけるけど
 パパとママとばぁちゃん以外に
 あんたと話ができる人はいないと思うから
 猫のふりして話、聞いててよ。
 あたしもパパも、その場にいないようにするから」

やってみようぜ、と額をつんつんするママに
えー!
ぼくって誰とでも話ができるわけじゃないの!?
って叫んだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. さくっとお正月も終わっていて

  2. 花壇すら冬の準備

  3. 整体師が神頼みなんて

  4. なにやってんのよ、とママは言った

  5. とは言え、離れがたい

  6. ミミちゃんの知っていること

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)