ママさんと遊んでやる

へっへっへ
俺は今、休憩時間なんだぜ。
ママさんと遊んでやるぜ。

それ、どーん!
どーん!だ。

俺はママさんの足に体当たりする。

どうだい?
面白いだろ?
それ!どーん、だ!

「いやいや、お外でやろうよ。
 中に入って来ちゃ護衛の意味がないだろ」

ママさんは頭を振っている。

えー。
だって俺、今休憩時間だぜー
ちょっとくらいいいだろー

俺は不貞腐れる。

「もう、なーちゃん起きて来るから。
 ほら、出て出て。
 それにしても、やっぱりジャックは若いわね。
 毛づやも良いし、好奇心も旺盛で。
 ねぇ、最近トラさんと話す?」

ママさんはしゃがんで俺の顔を覗き込んだ。

トラ爺か。
あいつ、最近何言っても無視なんだよな。
無視って訳じゃなさそうなんだが
黙ってグイグイ寄ってくんだぜ。
こっちが気味悪くなって離れちゃうっていうか、よ。

俺はトラ爺を思い出す。
正直、俺だって変化に気づいてる。

ママさんは、ふぅ、とため息をついた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 緊張する必要がない

  2. うたた寝で思い出す

  3. 2人はぼくの事を話している

  4. 見せ方によるよね

  5. ついに今週末か

  6. どんなに年を取ったって

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)