ペペペペ、ペンション??

ねぇ、パパ。
引っ越すの?

「ママは引っ越したいみたいだね」

ぼく、この段ボール、好きなんだけど。

「きっとそれは捨てられちゃう。
 ママ、なんでも捨てるし。
 またオレが新しいの持ってきてあげるよ」

ほんんと?
ぼくは段ボールから出て、パパに近づく。

「去年、オレがフリーターだったころ、
 ペンションやろうか
 って言ってたの、知ってる?」

ぼくは驚いて耳をピクピクっと動かした。
初耳。知らない。

その段ボール、その時のだよ、ってパパは笑う。

「なーちゃんには、内緒にしてたの。
 夏におやじの墓参り行ってたでしょ?
 その足で河口湖に泊ったの。
 下見だったんだ。
 ママが見てみたいペンション2件見つけてきて。
 1件が、整体もやってる猫だらけの宿で。
 ママ、好きそうでしょ?」

パパはぼくの頭を撫でる。

あ!浮気だ!

「そう言うだろうと思った」

パパはスマホを見せる。

一匹の猫が、パパの膝に乗っている。

ぼくは、鼻息を強く吐いた。

「部屋にも入ってきて、かわいいの。
 でもこれ、なーちゃんやらないよね、ってママが。
 2件目は、奥さん亡くして旦那さん一人で回してるペンションで。
 あたしが先に死んだら、パパちん一人でやれる?って
 ママが聞くからさ。
 無理無理無理無理、って言ったら
 だろうね、って。

 ペンション村ってなってたんだけど
 高齢化が進んでて。
 けっこう廃業してる建物も多くて。
 泊ってる人も少なくて。
 ここに飛び込んでも、周り近所、みんないなくなっちゃう気がした。
 すごい静かで。
 ママも、これは、子供がいないときつい、って。
 あと5年若かったら勢いで行ったかもね」

と、言うわけでボツになったんだよ、って
パパはぼくを覗き込んだ。

ママもパパも、ぼくの知らないところで
色々考えてたのか。

まさか、ペンションとは。

ぼくはまた、うーん、と唸った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 生きている内に楽しもう

  2. ウェディング!ウェディング!ウェディング!

  3. 玄関は涼しい

  4. それぞれの道

  5. 整体師が神頼みなんて

  6. ずいぶん、しっかりしたんだ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)