ペチュニアだとこんな感じ

「来たぞ」と言ってママは段ボールから何かを取り出している。
それは大きな花のボールだった。

すごいね。モリモリ。

「ほんと。
 これが出来上がり最終形態。
 夏にこうなってると見ごたえあるよね」

ママは1,2,3,4、と花の株を数えている。

「上に3つ、5本のスリットに1つと2つが交互。
 小さいアイビーが2つで全部で12か。
 15苗いるかと思ってたけどそうでもないな。
 でもけっこうコツがいる植え方。
 やぱり最初はパンジーからだな」

ふむふむとママは頷いた。

先週ママが植えたハンギングバスケットのパンジーは
ちょっと改良されて12苗にアイビー1苗になっている。

これが改良後。

これが改良前。

1週間でちょっと成長した感じもする。

「植えたてはどうしても貧相なんだけど
 春に向けて大きくなるからね。
 まずはパンジーで体感してからのペチュニアだな。
 でも花が薄いから雨に野ざらしを耐えられるかが問題」

うーん、と唸って、でもやるか、と手を打っている。

送られてきたペチュニアのハンギングバスケットは
ここ数日雨が続くからと
軒先に置かれている。

「スタンディングバスケットはプランターに埋め込んじゃうから
 雨が降っても移動できないのよ。
 店頭に飾るバスケットは大丈夫だと思うんだけど」

ママは再来年の計画をブツブツと呟いているけど
ねぇ、寒くないの?とぼくは聞いた。

そんな先の事より今日の寒さの事を考えて欲しいよ。
こたつこたつ、と訴えてみたけど
ママは庭ばかり見ている。

もう。
ぼくお布団に帰ります。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 頭隠して尻

  2. 食欲の

  3. 大難を小難に

  4. ジャックの残り香

  5. そんなこと、頼んでない!

  6. ぼく、孝行息子?

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)